旋削加工用高圧クーラント対応ホルダシリーズ
『TungTurn-Jet(タングターン・ジェット)』アイテム拡充
2016/12/2


株式会社タンガロイ(社長:木下聡、本社:福島県いわき市好間工業団地11-1)は、タンガロイが掲げる『倍速切削』を実現する工具の一つである旋削加工用高圧クーラント対応ホルダシリーズ『TungTurn-Jet』のアイテムを拡充し、2016年12月2日より全国で発売開始します。

従来の外部クーラント方式では、生成された切りくずが邪魔し、切削ポイントへ的確に切削油を供給することが困難な場合があった。TungTurn-Jetは、ホルダ内部から高圧で供給されるクーラントをクーラントユニットからインサートの刃先に最も近い位置から直接供給可能な機構を採用しています。これにより、通常の外部クーラント対応ホルダでは切りくず処理が困難であった耐熱合金などに対し、切りくずを強制的に分断することで切りくず処理性を大幅に向上・改善することができます。更に、TungTurn-Jetは、前面クーラント穴からもインサート逃げ面へクーラント供給が可能であり、切りくず処理性の向上だけでなくインサートの損傷抑制にも効果を発揮します。

また、TungTurn-Jetは高圧クーラントユニットを使用せず既存設備の通常切削油圧でも工具寿命の延長が可能であり、耐熱合金だけでなくステンレス鋼や合金鋼などの加工でも効果を発揮し、航空機産業だけでなく自動車産業や一般機械産業でも高能率・高生産性を実現する次世代工具です。

今回、一般外径用ホルダ及びご好評いただいている高経済性工具『ISO-EcoTurn』用ホルダを大幅拡充することにより、幅広い加工領域に適用可能となります。

TungTurnJet

主な特長

主な形番と標準価格

全アイテム:32形番

お問い合わせ先

マーケティング本部

お問い合わせは こちら