令和元年 日本機械工具工業会賞「技術功績賞」受賞


令和元年 日本機械工具工業会賞「技術功績賞」受賞致しました。

 

アルミ加工用TungSpeed-Millの開発

阿曽あそ 孝洋たかひろ
竹澤たけさわ 大輔だいすけ
服部はっとり 隆幸たかゆき

開発の目的・狙い、特徴

シリンダーヘッドやクランクケースなどの額縁加工では、いかに刃数を増やすかが高能率化および安定加工のキーポイントとなる。
切削速度は、すでに設備限界に近く、ワーク剛性が低いため、刃当たり送りを上げるとびびりや段差が発生しやすい一方で、切削幅が小さく、刃数増の影響を受けづらいためである。
本開発品は、全く新しい刃先調整機構を採用により、これまでに無い超多刃仕様を達成、調整時の操作性も同時に向上させた。

 

新規性

本開発品の最も大きな特徴は、刃先調整機構付きカッタでありながら、調整用のカム部品をレンチに配置し、ボディから調整用の部品を排除した事である。こうする事で、調整機構やその操作に必要なスペースをミニマム化し、ø100で22枚刃を達成した。レンチを持ち替えず調整できるように工夫されており、操作時間を約45%短縮した。