超モノづくり部品大賞「機械・ロボット部品賞」受賞


モノづくり日本会議/日刊工業新聞社様主催の超モノづくり部品大賞において、アルミ加工用カッタ「TungSpeed-Mill・TPYD/EPYD形」が機械・ロボット部品賞を受賞致しました。

日本機械工具工業会賞「技術功績賞」に続き、ダブル受賞です。

https://award.cho-monodzukuri.jp/award2019/

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

『TungSpeed-Millの紹介』

TungSpeed-Millは、刃先調整機構付きカッタでありながら、調整用のカム部品をレンチに配置し、ボディから調整用の部品を排除した画期的な製品です。

多刃化による高能率加工を実現

  • カッタ径ø100 で最大刃数22 枚(従来品は16 枚)
  • Vc = 3,000 m/min 以上の高速加工が可能

新刃先調整機構(カムアジャスト)

  • 1 本の専用カム形状レンチのみで取付/ 調整が可能
  • セットアップ時間を大幅に短縮
  • 刃先調整量:1 mm

 

タング・スピード・ミルの詳細はこちら

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−