連載
The Road to SuccessVol. 3 – 寿命アップと加工面品位向上


これは、タンガロイの営業担当がお客様とともに歩んだ成功への道である。

林 浩之
(Hiroyuki Hayashi)

  • 大阪府出身
  • 中途入社 4年目
  • もともと商社で働いていたが、より専門的な知見をもってお客様に貢献したいという思いから、タンガロイに入社。
  • 好きなスポーツ:野球
  • ご協力いただいた会社:ニシジマ精機株式会社 http://www.nisijima.jp/

Summary

  • ステンレス鋼加工における、寿命アップ+加工面品位向上
  • 切れ味、加工面品位向上、コストダウンを一挙にかなえるDoForce-Tri
  • インサート寿命が従来に比べ150%アップ

ステンレス鋼加工における、寿命アップ&加工面品位向上

 

2019年の夏のこと。

日に日に暑さが厳しくなってくる中、
私はニシジマ精機株式会社様から新たな相談を受けていた。

ニシジマ精機株式会社様は、製鉄関係機械の部品加工、組立を主力に、一般産業機械・半導体装置部品・船舶部品の加工を得意としている。

製缶⇒加工⇒組立⇒塗装⇒メンテナンスまですべて自社で対応され、高い品質の製品をお客様に提供している。

そんなニシジマ精機株式会社様には、今までも様々なタンガロイ製品を提案、採用いただいてきた。

今回のミッションは、ある部品の寿命アップ+加工面品位向上だ。

「現状品でステンレス鋼を削ると、すぐ欠けてしまい工具費が高くなってしまう。それと加工面が白く濁ってしまう。もっと光沢を出したいんだけど…。」

現状品は片面仕様インサートで、切れ味は良いが刃先強度が少し弱い印象だった。
実際に、すぐに欠けてしまうため、工具費も高くなっているとのことだ。

そこで、インサートの寿命アップと加工面粗さ向上の2つから工具を選ぶことにした。

ちょうど同じタイミングで夏のキャンペーンを実施していたこともあり、
まずはDoForce-Triに目を付けた。

「結果的にこれが最良の選択だった」

 

切れ味・加工面品位向上・コストダウンを一挙にかなえるDoForceTri

 

DoForce-Triは、両面仕様の高精度直角肩加工用カッタで、経済性の良さを売りにしている。
通常、両面使いのインサートは片面に比べ、刃先強度は勝るが切れ味は劣る。

しかしこの製品は、インサートについた独自の曲線インクリネーションによって、
低切込み領域ではポジカッタ同等の切削抵抗を実現するため、抜群の切れ味を誇る。

また、コーナ数もUPするので、コストダウンにもつながると考えた。
さらに、高精度な加工に向いているG級インサートを選択することで、加工面品位の向上も見込めた。

まさにいいこと尽くめだ。

結果は想像以上だった。

  • 寿命UP +加工面粗さ向上に成功
    ⇒溶着のひどかった現状品に比べ、DoForce-Triは欠損することなく正常摩耗。
    寿命は従来の約150%UPを実現した。
    また加工面も白く濁らず、最後まで綺麗に仕上がった。
  • コスト削減達成
    コーナ数が4から6にアップしたことで、コスト削減にもつながった。

実は今までは、提案をさせていただいてもなかなか結果が出ず、次の一手、また次の一手という形で、文字通り試行錯誤してきた。

だから今回の一発改善は、シンプルに嬉しかった。

ニシジマ精機株式会社様にご満足いただけたこと。
そして役に立てたという実感が、なにより心地よい。

さらに嬉しい誤算が一つ。
ニシジマ精機株式会社様が、他の同業者の方々に情報を共有してくださったことで、他のお客様からもDoForce-Triを採用いただけたのだ。

自分たちの製品によってお客様の生産性があがり、ひいては日本のモノづくりに少しでも貢献ができる。

これからもお客様の力になれるよう、邁進していきたい。