小径高送りカッタ『TungForce-Feed』(タング・フォース・フィード) コーナR2インサート拡充


株式会社タンガロイ(社長:木下聡、本社:福島県いわき市好間工業団地11-1)は、小径高送りカッタ『TungForce-Feed』(タング・フォース・フィード)にR2インサートを拡充し、2019年1月7日より全国で発売を開始します。

『TungForce-Feed』は工具径ø8からø16に対応する刃先交換式小径高送り工具で、金型などの形状加工および一般加工において従来工具に対し安定した高い生産性と経済性を提供します。

高送り工具を用いて金型などの複雑形状を加工する際、CAMでは一般に疑似Rを用いて工具形状を定義します。そのため、実加工時には被削材に削り残しが発生し、次工程の加工負荷が増加します。特に小径工具で荒加工を行う場合は、次工程が仕上げ加工となることが多く、仕上げ精度に影響がないよう削り残しが少ない工具が必要とされます。このことから、そのような用途にはソリッドのラジアスエンドミルが多く使用されています。

今回拡充するR2インサートは、コーナR2.0であるため疑似Rの設定が不要であり、削り残しが発生しません。そのため、荒~中仕上げ加工までで使用することが可能となり、仕上げ工程の加工精度向上が可能となります。また、ソリッドエンドミルの置き換えにより、お客様の加工コスト削減に大きく貢献します。

 

  • 主な特長
    • 削り残しがなく、仕上げ精度の向上が可能
    • ソリッドエンドミルの切替えにより、加工コストの削減が可能

 

  • 主な形番、標準価格
    • インサート
      LSMT0202R2-MM AH3225 720円 (税込み 778円)
      LSMT0202R2-MM AH8015 720円 (税込み 778円)

PDF