正面フライスカッタ『TFE』(テーエフイー)


株式会社タンガロイ(社長:木下聡、本社:福島県いわき市好間工業団地11-1)は、刃先高さ調整機構付き仕上げ用正面フライスカッタを“TFE”(テーエフイー)シリーズに拡充し、2017年12月15日より全国で発売を開始する。

近年仕上げ加工の高能率化が進み、特にアルミ合金部品では仕上げ面精度と高速高送り加工の両立が求められている。TFEシリーズは、超硬インサートの他に標準切れ刃タイプ、さらい刃タイプ、バリ取りさらい刃タイプの3種類のPCDインサートを用意し、高い仕上げ面精度の要求や美しいエッジ仕上げ等に対応してきた。

昨今のさらなる高い加工面仕上げ精度の要求に対応すべく、TFEシリーズのインサートを採用した刃先高さ調整機能を付加したカッタを開発した。刃先高さ調整機能付TFEは、調整楔でねじ止めしたインサートをリフトアップすることで高さの調整を行い、加工面精度が向上することはもちろん、各インサートの損傷を平均化し切れ刃寿命を安定化させ、刃先高さは最適設計の調整楔をねじで押し込むことによって+/-0.065の範囲で調整が可能となっている。

インサートは発売中のTFEシリーズと同じものが使用可能で、鋼用の汎用タイプ、アルミ合金用汎用タイプ、ブレーカ付きタイプの超硬インサートとアルミ合金用のPCDインサートを設定し、材種はAH120、AH140、DS1100、NS740、KS05F、DX140と豊富に設定することであらゆる材料に対応が可能となっている。

工具径はボアタイプのみの設定で、ø80、ø100、ø125の三種類を標準設定し、特殊形状にももちろん対応可能となっている。

 

  • 主な特長
    • 片面4コーナ仕様インサート(TFE用インサートと共用)
    • 刃先高さを+/-0.065の範囲で調整可能

 

  • 主な形番と標準価格
    • ボディ
      TFE12R080M25.4-06A 115,000円 (税込み 124,200円)
      TFE12R100M25.4-08A 158,000円 (税込み 170,640円)
      TFE12R125M31.7-10A 186,000円 (税込み 200,880円)

全アイテム:ボディ 6形番