転削用PVD材種『AH3135』、転削用CVD材種『T3225』『T1215』拡充


株式会社タンガロイ(社長:木下聡、本社:福島県いわき市好間工業団地11-1)は、転削用PVD材種『AH3135』および転削用CVD材種『T3225』『T1215』を、新たに正面フライス加工用『DoPent(ドゥーペント)』、直角肩加工用『Tung-Tri(タング・トライ)』などに設定し、2018年7月20日より全国で発売開始します。

転削用PVD材種AH3135は、高靭性母材と耐摩耗性に優れたPVDコーティングの組合せにより、耐欠損性および耐摩耗性に優れた材種です。AH3135は、正面フライス加工、直角肩加工および高送り加工において、あらゆる被削材に対応可能な汎用材種です。

転削用CVD材種『T3225』および『T1215』は、耐摩耗性に優れるだけでなく、従来のCVD材種に対して耐欠損性も向上させることで工具寿命の安定性が増し、特に高速切削加工時に威力を発揮します。T3225は鋼およびステンレス鋼加工に、またT1215は鋳鉄加工に最適です。

  • 主な特長
    • 鋼・ステンレス鋼加工の第一推奨PVD材種『AH3135』
    • 鋼・ステンレス鋼の高速切削加工に最適なCVD材種『T3225』
    • 鋳鉄の高速切削加工に最適なCVD材種『T1215』

 

  • 主な形番、標準価格
    • インサート
      PNMU0905GNEN-MJ T3225 1,680円 (税込み 1,814円)
      ONMU0705ANPN-MJ T3225 1,960円 (税込み 2,117円)
      TOMT100408PDER-MJ T3225 1,220円 (税込み 1,318円)
      TCMT160620PDER-NMJ T1215 1,600円 (税込み 1,728円)
      WPMW05H315ZPR AH3135 890円 (税込み 961円)

全アイテム:45形番