アルミ合金加工用超微粒PCD材種『DX110』発売


株式会社タンガロイ(社長:木下聡、本社:福島県いわき市好間工業団地11-1)は、アルミ合金などの非鉄金属加工用超微粒PCD材種『DX110』を2019年4月19日より全国で発売します。

『DX110』は、あらゆるアルミ合金や銅合金の仕上げ加工で良好な仕上げ面が得られる超微粒PCD材種です。

今回発売する『DX110』は、全てすくい付き仕様であり、優れた切りくず処理性を実現すると共に、切削抵抗が低く加工時にワーク変形が生じやすい薄物加工においてもワーク変形を抑えることができます。

従来のT-DIAシリーズに『DX110』を加えることにより、幅広い非鉄金属加工に対応が可能となります。

  • 主な特長
    • 超微粒PCD組成により、良好な仕上げ面が得られる
    • すくい付き仕様であり、切削抵抗が低く、切りくず処理性にも優れる

 

  • 形番と標準価格
    1QP-CNMM120402 DX110 4,200円 (税込み 4,536円)
    1QP-CNMM120404 DX110 4,200円 (税込み 4,536円)
    1QP-TNMM160402 DX110 3,650円 (税込み 3,942円)
    1QP-TNMM160404 DX110 3,650円 (税込み 3,942円)
    1QP-CCMT060204 DX110 3,700円 (税込み 3,996円)
    1QP-CCMT09T304 DX110 3,700円 (税込み 3,996円)
    1QP-TCMT110304 DX110 3,570円 (税込み 3,856円)

    アイテム数:7アイテム

製品PDF