倣い加工用カッタ『DoTwistBall』(ドゥー・ツイスト・ボール)サイズ拡充


株式会社タンガロイは、倣い加工用カッタ『DoTwistBall』(ドゥー・ツイスト・ボール)を、2018年9月19日より全国で拡充します。

DoTwistBallは、ラジアスと高送りの2種類のインサートを取り付けることができる新発想の倣い加工用カッタです。インサートとボディの接触面をねじれ形状とすることで、クランプ剛性を大幅に向上させることに成功しました(ツイストクランプシステム)。これにより、三次元加工や、高送り加工での安定性に優れています。既に発売中の04サイズが好評のため、大型の05・06サイズの拡充に至りました。

ラジアス形状のMJインサートは、金型等の形状加工等において好評です。従来の丸駒インサートと比較して、切れ刃の断面積が大きく、信頼性を大幅に向上させています。切れ刃にはインクリネーションが付与されており、切りくず処理性に優れております。現在発売中の04(R4)サイズに、05(R5)・06(R6)サイズが加わることで、選択肢が大幅に広がります。

高送り刃形のHJインサートは、最大切込みを従来比で30%アップし、高切込みかつ高送りによる高能率加工を実現します。最大切込みは発売中の04サイズで1.3mm、新発売の06サイズで2mmです。肩削り加工、平面加工の他、溝加工、掘り込み加工、ヘリカル穴明け加工等、様々な用途に対応しています。

材種は鋼・ステンレス加工用のAH3135の他、鋳鉄・高硬度材・難削材用のAH120の2種類で、多様な被削材の加工をカバーします。カッタボディは04、05、06すべてのサイズにおいて、シャンクタイプ・モジュラータイプ・ボアタイプが選択でき、加工深さに応じた突き出し長さで使用できます。

 

  • 主な特長
    • 2種類のインサートが1つのカッタボディに装着可能
    • ツイストクランプシステムでクランプ剛性を大幅に向上し、優れた安定性
    • ラジアスインサート:広い断面積で従来品よりも高い信頼性
    • 高送りインサート:従来比30%アップの切込みで高能率

 

  • 主な形番、標準価格
    • カッタボディ
      EXLN05M025C25.0R02 48,300円 (税込み 52,164円)
      TXLN06M063B22.0R06 72,500円 (税込み 78,300円)

      カッタ 計17形番

    • インサート
      LNMX0506R5-MJ AH120 1,660円 (税込み 1,793円)
      LNMX0607ZER-HJ AH3135 1,910円 (税込み 2,063円)

      インサート 計6形番