平面加工用カッタ『DoQuad-Mill』(ドゥー・クアッド・ミル)発売


株式会社タンガロイは、平面加工用カッタ『DoQuad-Mill』(ドゥー・クアッド・ミル)を、2018年12月3日より全国で発売します。

DoQuad-Millは、干渉物への接近性を追求した平面加工用カッタです。一般的な平面加工用カッタは、45°の切込角のため、ワーク形状によっては、立壁やクランプ冶具といった障害物に干渉してしまう場合がありました。DoQuad-Millは準直角の切込角を採用しており、障害物の近傍まで平面加工が可能です。

インサートは8コーナの経済的なインサートを採用しています。凹形のインクリネーションを有した切れ刃により、切りくず形状がコンパクトとなり、噛み込み等のトラブルを抑制することに成功しています。切れ刃のすくい角は大きく、ポジインサートを採用したカッタと同等の切削抵抗を実現しています。そのため、低剛性のワークや、低クランプ剛性のワークの加工にて効果を発揮します。

カッタボディは工具径ø50~100の設定で、標準刃、多刃仕様を在庫します。標準刃仕様はびびりの生じやすい加工に向き、多刃仕様は能率重視の加工に最適です。インサートはR2.0、R1.2、R0.8の3種類のコーナRを選択でき、多種多様な加工用途に対応します(R1.2、R0.8は2019年1月発売予定です)。

 

  • 主な特長
    • 障害物の近傍まで平面加工が可能
    • 経済的な8コーナインサート
    • 低抵抗で、低剛性のワークや低クランプ剛性のワーク加工に最適

 

  • 主な形番と標準価格
    • カッタボディ
      THSN12M050B22.0R04 55,300円 (税込み 59,724円)
      THSN12J100B31.7R08 85,200円 (税込み 92,016円)

      カッタ:計20形番

    • インサート
      SNMU120620EN-MM T1215 1,620円 (税込み 1,750円)
      SNMU120608HNEN-MM AH3135 1,470円 (税込み 1,588円)

      インサート:計8形番

PDF