超高送りカッタ『DoFeed』(ドゥーフィード) 新仕様ボディ拡充


株式会社タンガロイ(社長:木下聡、本社:福島県いわき市好間工業団地11-1)は、超高送りカッタ『DoFeed』(ドゥーフィード)新仕様ボディを、2018年2月1日より全国で発売を開始する。

DoFeedは多刃仕様の超高送りカッタで、一般機械部品加工や金型加工の形状加工等で好評をいただいている。拡充される新仕様ボディは、各切れ刃に切削油やエアがピンポイントでかかるように、ポケットごとにエア穴を設けたものである。小さな切削幅での肩加工や、穴の繰り広げ加工にて、安定した工具寿命とスムーズな切りくず排出を実現する。一般的に耐熱合金やチタン合金の加工では、大きな切削熱が発生するため短寿命となりやすいが、切削油が切削点に効率良く供給される新仕様ボディは、切削熱を低減し工具の長寿命化に貢献する。取付仕様としては、シャンクタイプとモジュラータイプを選択できる。

新しいボディを加えたDoFeedは、幅広い対応領域でお客様の生産をサポートする。

  • 主な特長
    • 多刃仕様の超高送りカッタで高能率
    • 新仕様ボディは切れ刃に効率的に切削油を供給し、耐熱合金やチタン合金の加工にて長寿命

 

  • 主な形番、標準価格
    • ボディ
      EXN03R016M16.0-02-C 30,600円 (税込み 33,048円)
      HXN03R032MM16-06-C 69,000円 (税込み 74,520円)

      ボディ:計18形番