超高送りカッタ『DoFeed』(ドゥーフィード) 高硬度材加工用MHブレーカ拡充


株式会社タンガロイ(社長:木下聡、本社:福島県いわき市好間工業団地11-1)は、超高送りカッタ『DoFeed』(ドゥーフィード)高硬度材加工用MHブレーカを、2017年10月2日より全国で発売を開始する。

DoFeedは多刃仕様の超高送りカッタで、炭素鋼やプリハードン鋼の金型掘り込み・形状加工等で好評をいただいている。新開発のMHブレーカは特にHRC50以上の高硬度材の掘り込み加工をターゲットとして開発された。一般的に高硬度材加工では、切れ刃のチッピングや欠損が起こりやすく、工具寿命が安定しにくいという問題がある。MHブレーカは主切刃にゆるやかなR形状を採用し、食いつき時の衝撃を緩和することに成功している。また、すくい角を従来よりもネガにすることで、切れ刃の剛性を向上させた。以上により、高硬度材加工にて発生しやすい、チッピングと欠損を抑制している。

材種には、耐欠損性に優れる高Al含有のAlTiN系多層膜と耐摩耗性に優れる専用母材を組み合わせた、AH8015とAH8005を採用した。AH8015はHRC45-55の高硬度材に対応し、AH8005はHRC55以上の高硬度材に対応している。

新しいブレーカを加えたDoFeedは広い対応領域でお客様の生産をサポートする。

 

  • 主な特長
    • 多刃仕様の超高送りカッタで高能率
    • MHブレーカは耐チッピング性、耐欠損性に優れ、高硬度材加工に最適
    • AH8015はHRC45-55の高硬度材に、AH8005はHRC55以上の高硬度材に対応

 

  • 主な形番、標準価格
    • インサート
      LNGU0303ZER-MH AH8015 1,490円 (税込み 1,610円)
      LNGU06X5ZER-MH AH8005 2,460円 (税込み 2,657円)

      インサート 計4形番

DoFeed_mh