刃先交換式ドリル 『TungSix-Drill(タングシックスドリル)』AH3135材種拡充


株式会社タンガロイ(社長:木下聡、本社:福島県いわき市好間工業団地11-1)は、刃先交換式ドリル 『TungSix-Drill』インサートAH3135材種を2017年12月4日より全国で発売する。

優れた性能で発売以来高い評価をいただいている刃先交換式穴あけ工具「TungSix-Drill」(タングシックスドリル)、にAH3135材種を拡充する。

TungSix-Drillは刃先交換式ドリルでは世界初のコンセプトとなる6コーナインサートを採用している。通常の両面仕様インサートでは、その形状特性から切削抵抗が高くなりやすい。この問題に対して、TungSix-Drillは、独自のインサート外郭形状を利用した中心・外周刃インサートのレイアウトとチップブレーカ設計により、両面仕様インサートでありながら片面仕様インサート同等の切れ刃すくい角を確保することで切削抵抗を低減し、市場で広く使用されている片面仕様インサートを使用した工具と同等の切削抵抗を実現している。

今回、インサート材種に高い耐欠損性を誇るAH3135材種を追加設定した。AH3135材種は、靭性の高い超硬母材と耐欠損性に優れる積層構造を有したコーティング膜を採用した。高い欠損性を持つ母材とコーティングの組み合わせにより、不安定な加工条件でも抜群の安定性を誇り、インサートのチッピングや欠損が起こるような加工状況でも長寿命を実現する。

インサートの多コーナ化、長寿命を実現する新材種の採用により、TungSix-Drillは極めて経済的な穴あけ加工を市場に提供し、お客様の加工費低減に大きく貢献する。

 

  • 主な特長
    • 工具径:ø20 – 54mm、加工深さL/D = 2,3,4に対応
    • 両面6コーナ仕様インサートを採用
    • 1種類のインサートを中心刃・外周刃で使用
    • 最適なインサート配列で、理想的な切削バランスを実現し、加工穴精度を向上
    • 独自のインサート形状により、欠損しやすい中心部分の切れ刃強度を向上
    • 耐欠損性に優れた新材種「AH3135」を追加設定
  • 形番と標準価格
    • インサート
      WWMU05X205R-DJ AH3135 1,200円 (税込み 1,296円)
      WWMU060306R-DJ AH3135 1,200円 (税込み 1,296円)
      WWMU08X408R-DJ AH3135 1,540円 (税込み 1,663円)
      WWMU09X510R-DJ AH3135 1,660円 (税込み 1,793円)
      WWMU11X512R-DJ AH3135 1,660円 (税込み 1,793円)
      WWMU13X512R-DJ AH3135 1,900円 (税込み 2,052円)
  • 全アイテム:6形番