Tunglaoy
Tunglaoy

Tunglaoy採用サイト

Recruiting WEB

松山 多美子
松山 多美子
財務部
2013年入社
経済学部 経済学科卒業
タンガロイを知るきっかけ

ウォーレン・バフェット氏がタンガロイの新工場完成式に出席されるため初来日をされた際の報道を見てタンガロイを知りました。留学やアメリカの大学院の訪問などの経験から、専門性を深める必要性を感じ、財務部門での仕事をしたいと思っていたところ、タンガロイから内定を得られ、希望するキャリアを歩めると感じたため入社を決めました。

入社してから現在まで、海外現地法人の経営リスク管理を主業務としながら、決算や監査対応など、仕事の幅を広げてきました。他には国内における販促費の引当と報告、売上に関する内部統制監査など、債権回収を社内規定や会計基準という視点から管理する仕事や、請求明細の電子化など、業務改善にも携わってきました。

この仕事の面白いところはタンガロイの海外現地法人の経営者に直接質問が出来ることです。会社全体を見渡す高い視点と豊富な経験に基づく意見を聞くことができるのは、社会人経験が浅い若手にとっては非常に貴重な機会だと感じています。

松山 多美子
フラットな組織

タンガロイは若手に責任ある仕事を任せてくれ、挑戦を応援してくれる会社です。管理職との距離が近く、他部署とも連携が取りやすいフラットな組織なため、的確なアドバイスを受けながら、仕事に取り組むことができると感じています。現在、財務部では、海外現地法人とのやりとりから情報を収集し、月次の報告をする会議があります。何度も現地の担当者とやり取りを重ね、数字を様々な視点から分析した資料を提示できるように心がけています。
上司や先輩からの多くのサポートのおかげで、世界規模のビジネスに関わる醍醐味を感じながら、経営層に対して情報を提供する責任ある仕事を経験してきました。

今後のわたし

各国の会計や会社法、税法、労働法などに詳しくなることが目標です。こういった知識を深め、問題解決の技術を磨きながら、会計的なアドバイスができるようなプロフェッショナルへ成長していきたいと考えています。

松山 多美子