Tunglaoy
Tunglaoy

Tunglaoy採用サイト

Recruiting WEB

阿曽 孝洋
阿曽 孝洋
切削工具開発部
2011年入社
工学資源学部 卒業
地元、いわきを考える

就職を意識し始めたころ、いわきに実家があることもあり[財界ふくしま]と言う雑誌を読んでタンガロイが川崎からいわきに本社を移動することを知りました。それ以降、学校で使用する切削工具の製造会社をよく確認するようになりました。
就職活動が始まり説明会でグローバルな戦略をとっていることを聞き、そこにとても魅力を感じました。また、オフィスなどを見学させていただいたとき、とても開放的な空間で綺麗なのが印象的で、自分もここで働きたいと感じ、入社を決めました。
入社してからは工具の形状開発を行っています。3D CADを使って新規のモデルや図面の作成を行い、出来上がった工具に対しての試験、評価、検討を担当しています。

阿曽 孝洋
仕事をする上でのわたしの責任

工具の開発業務には工具と顧客動向についての知識が重要になります。一つの開発のテーマに対して一人が担当として働くので、その開発テーマに関する工具は周りよりも理解してなければなりません。そのような取扱い製品に対する基礎部分の知識がなければ、新しいアイデアなどは出てきません。また、担当する製品を使っていただくお客様の動向を理解することは、今後の需要を見極めるために大変重要です。

開発した製品が褒められる

自分が開発した工具を使ってお客様のもとで試験を行った時、良い結果が出たことがありました。その際にお客様に褒められたことが嬉しく、今でも印象に残っています。
こうした良い結果が出た時や、発売した工具の売れ行きが好調である時に面白みを感じます。

世界でも通用するエンジニア

働き始めてから感じることは、論理的な思考が身についたことです。試験の考察をするうえで、原因と結果が結びつくように物事をしっかり考える力がつきました。
現在は英語能力の向上に力を入れています。世界で通用するエンジニアを目指していますので、意思疎通のために英語力を磨くのは必須だと思っています。

阿曽 孝洋