Tunglaoy
Tunglaoy

Tunglaoy採用サイト

Recruiting WEB

小脇 隆
小脇 隆
生産技術部
2013年入社
総合化学研究科 卒業
若手でも活躍できる環境に魅力を感じる

大学では化学が専攻で、大学院では物理化学や計算化学の基礎研究をしていました。研究室では実験装置の作製から実験、評価まで一貫した研究を行っていました。大学で学んでいたことと分野は違いますが、就職活動ではメーカの技術職を志望しました。

タンガロイのことは就職活動で最初に参加した合同企業説明会で初めて知り、その後個別説明会に参加し、本選考に進みました。

タンガロイは新工場が完成したばかりで、設備投資が活発な点に魅力を感じました。他にも会社見学や選考を通して若手でもいろいろな仕事に挑戦させてもらえそうだと感じたことや、最初に内定をもらえたことも入社を決断する理由になりました。 入社後は主に工具の刃先に使用する合金工程を担当しています。他にも新製品の生産フォローや新形状のプレステスト、生産評価なども担当します。また、トラブルが発生した場合には対応業務も行います。

小脇 隆
仕事上での大切さ

仕事をする上で3現主義を徹底することが生産技術には大切だと感じました。現場、現実、現物を自分自身で確認することが非常に重要です。

「多分」や「これくらいなら大丈夫だろう」で仕事を進めないことが大切だと思います。そのためには分からなければ納得できるまで確認します。確認が不足していると後々生産の中で問題が発覚することもあるため、自分の携わったものはそのようなことがないようにしたいです。

小脇 隆
奥深いタンガロイらしさ

切削工具の刃に使用される超硬合金は原料粉末をプレスし焼結をしますが、複雑な形状の場合プレス体の粗密差で変形や割れが発生します。そこを予測していろいろとプレス条件を決めるところが面白いです。

しかし、今はまだ知識と経験が少ないので試作品などの良し悪しの判断が難しいです。プレスの作業には職人的なスキルも必要ですが、まだそのレベルにはありません。たとえば、圧粉体のクラックやばりを見る目がまだまだ養えていないため、見極められるようになるのが現在の課題です。また、今までは合金工程に携わることが多かったため、今後は加工工程も習得し、製品を作る上で一貫した知識を身に着けたいです。

タンガロイでの喜び

私が携わったアイテムが発売されたとアナウンスを受けることがあり、それが嬉しかったです。

小脇 隆