Tunglaoy
Tunglaoy

Tunglaoy採用サイト

Recruiting WEB

CORPORATE PROFILE

会社を知る

創業から連綿と続く激動の歴史。
そして社員すべてが規範とすべき行動指針についてご紹介します。

社長メッセージPresident's Message

タンガロイは、超硬合金のパイオニアとして1934年創業以来、高い材料技術力と最先端の生産技術力により、金属加工用切削工具をメインとする様々な新製品を作り出し、お客様のものづくりに貢献し続けています。また、粉末冶金技術を根幹とした応用製品として、摩擦材料部品、耐摩耗工具、土木建設用工具などユニークな優れた製品も加え、お客様から絶大なご支持とご信頼をいただいております。

お客様のニーズが急速に変化する現代の産業界において、タンガロイでは広くお客様のご要望にお応えできるように、優れたマーケティング・研究開発・製造・販売の相乗効果を発揮し、更なるスピードアップを図ってまいります。また、ボーダレス化が進む国際市場にあっては、更なるサービス機能の充実を計り、質の向上を推進してまいります。

さらに、タンガロイブランドがお客様に安心してご使用いただける製品であり続けるために、徹底した品質管理は勿論のこと、環境調和型製品の開発、グリーン調達、製品のリサイクルなど環境保全活動も経営の最重要課題の一つとして位置づけ、環境負荷を低減する努力を続けてまいります。

タンガロイは、“High Engineering Company”として、これからも高い技術力を活かし、付加価値の高い技術・製品・サービスの提供を通じて、お客様の生産性の向上、ならびに世界の産業界の発展に貢献できる企業であり続けたいと考えております。

代表取締役社長 木下聡

代表取締役社長

木下聡

企業理念Corporate Philosophy

沿革History

超硬合金の老舗として、80年を超えるタンガロイの歴史がここにあります。

 Tunglaoy

創業と発展 ~日本で最初の超硬合金

1929
[昭和4年]
東京芝浦電気(株)(現(株)東芝)の前身である(株)芝浦製作所と東京電気(株)の2社が、日本で初めて超硬合金の開発に成功、翌年より「タンガロイ」として市販する。
1934
[昭和9年]
(株)芝浦製作所と東京電気(株)の共同出資により特殊合金工具(株)を設立する。
1937
[昭和12年]
大井電気(株)と合併し、芝浦マツダ工業(株)特殊合金工具製作所となる。
1942
[昭和17年]
芝浦マツダ工業(株)は東京芝浦電気(株)に吸収合併し、東京芝浦電気(株) 特殊合金工具製作所となる。

戦時の受難と復興

1944
[昭和19年]
軍需省の指導のもと、独自技術を一般公開する。
1950
[昭和25年]
過度経済力集中排除法によって東京芝浦電気(株)から分離独立、タンガロイ工業(株)となる。
1958
[昭和33年]
東芝タンガロイ(株)に商号変更する。 刃先交換工具、セラミック工具、サーメット工具などの開発を押し進め 日本の高度経済成長期を支え、その発展に大きく貢献する。

グローバル化社会とタンガロイの飛躍

1961
[昭和36年]
名古屋工場を開設
1962
[昭和37年]
東京証券取引所市場第二部へ株式上場
1970
[昭和45年]
韮崎工場を開設
東京証券取引所市場第一部に指定
1973
[昭和48年]
資本参加により、(株)タンガロイ九州を子会社とする
1989
[平成元年]
いわき工場を開設
2004
[平成16年]
東京証券取引所市場第一部上場廃止
東芝グループから独立し、(株)タンガロイに商号変更する。
2008
[平成20年]
IMC(IMCインターナショナル・メタルワーキング・カンパニーズB.V.)の資本参加により、IMCグループ会社となる。
2010
[平成22年]
本社を神奈川県川崎市から福島県いわき市へ移転
2011
[平成23年]
いわき工場敷地内に新工場竣工
2015
[平成27年]
新工場建屋の増築工事竣工

いわき本社空撮写真

海外拠点Global Network

タンガロイは世界30ケ国に及ぶ主要な工業国に、販売・製造ネットワークを広げています。

グローバルネットワーク地図

  • アメリカ
  • カナダ
  • メキシコ
  • ブラジル
  • ドイツ
  • イタリア
  • フランス
  • オランダ
  • イギリス
  • スペイン
  • スウェーデン
  • スイス
  • チェコ
  • ポーランド
  • ハンガリー
  • クロアチア
  • ロシア
  • ロシア
  • トルコ
  • 中国
  • タイ
  • シンガポール
  • インド
  • 韓国
  • マレーシア
  • インドネシア
  • オーストラリア